市販の白髪染めは染まらない?白髪をうまく染める5つの秘訣とは?

市販の白髪染めは染まらないって本当なのでしょうか?当サイトでは白髪を上手に染める秘訣を紹介します。痛まなくて、染めにくい部分もちゃんと染まるコツとは?その他、ランキング、おすすめのトリートメント、明るい色に染まるものなどをお伝えします。
MENU

市販の白髪染めは効果なし!白髪を効果的に染める5つの方法

白髪染めには大手薬局で販売されている安値の白髪染めからネット通販で販売されている高額のものまで種類がありますが一般的に市販で販売されている白髪染めは効果が見られない場合もあるそうです。
ここでは白髪染めを上手に染めるポイントをご紹介します。

 

 

ケチらないこと

まず、白髪染めをするにあたって白髪染めを購入してくるのですが、白髪染めの量をケチらずに使う必要があります。
キレイに染めるにはそれなりに量が必要ですから、ケチケチ塗っていては色ムラの原因になります。
特に色が入りにくい生え際などはたっぷりつけましょう。

 

 

放置時間を調節する

また、髪質は個人差があります。
自分で太い硬い毛だと感じている人は、パッケージに書かれている放置時間より長めに置くと良いでしょう。
逆に細く柔らかい髪の毛の女性はパッケージどおりの時間で大丈夫です。

 

 

ラップでくるんで密着度を高める

また白髪染め剤を均等に塗布したら、そのままラップでくるんで密着度を高めましょう。
この際、室温をちょっとあげると良いです。
室温が高ければ高いほど、染料は髪の毛に染み込んでいきます。

 

 

ドライヤーを当てる

これも上記と同じことが言えますが、ラップでくるんでドライヤーを当てることで、熱を加え、染料を髪の毛に入りやすくします。
よく美容室でもラップでくるんでヒーターを与えてくれることがありますから、それと同じように考えると良いでしょう。

 

 

乳化させること

洗い流す場合は、まず乳化させることが必要です。
皆、殆どの場合、白髪染めをした後は普通にシャンプーをしてしまいがちですが、その前に適量の湯で髪の毛と染料を馴染ませ、クレンジングのように乳化させることで色持ち良く色ムラなく染めることが出来ます。
うまく染めるには少し手間を加えることによって、染めた後の美しさが違ってきます。

 

 

市販の白髪染めは危険ですので、敏感肌やアトピー肌の人でも安心して使える白髪染めトリートメントがおすすめです。

このページの先頭へ
出会い系